TsKaigi2024に参加しました!

TsKaigi2024に参加しました

tskaigi.org

2024年5月11日に開催されたTsKaigi2024に参加しました!

TsKaigiとは、TypeScriptをテーマとして様々な方が登壇される技術カンファレンスです。

自分の備忘録のために、聞いたセッションについてのメモを残します

聞いたセッションのメモ・感想ブログ

11:30 ~ 12:00

【TsKaigi】「フロントエンドもバックエンドもインフラも… 全てをTypeScriptで統一したらこうなった」を聞きました - Ohkuraのブログ

13:20 ~ 13:50

【TsKaigi】「TypeScript 関数型バックエンド開発のリアル」を聞きました - Ohkuraのブログ

14:00 ~ 14:30

【TsKaigi】「複雑なビジネスルールに挑む:正確性と効率性を両立するfp-tsのチーム活用術」を聞きました - Ohkuraのブログ

14:40 ~ 15:10

【TsKaigi】「Step by Stepで学ぶ、ADT(代数的データ型)、モナドからEffect-TSまで」を聞きました - Ohkuraのブログ

15:20 ~ 15:50

【TsKaigi】「サービス開発におけるVue3とTypeScriptの親和性について」を聞きました - Ohkuraのブログ

16:00 ~ 16:30

【TsKaigi】「TypeScriptとGraphQLで実現する型安全なAPI実装」を聞きました - Ohkuraのブログ

16:40 ~ 17:10

【TsKaigi】「Track2 16:40 ~ 17:10 のLT」を聞きました - Ohkuraのブログ

17:20 ~ 17:40

【TsKaigi】「Track2 17:20 ~ 17:40 のLT」を聞きました - Ohkuraのブログ

全体を通しての感想

全体を通して、フロントエンドのみならず、tsをバックエンドに採用している話や、tsの言語機能自体の話など、様々なユースケースに対しての話題が多いのがTypeScriptらしさだなと思いました。

中には、裏番組になってしまっていて聞くことはできませんでしたが、TypeScriptでハードウエアを動かしている方もいらっしゃったりなど、私が持っていたTypeScriptができることのイメージがとても広がった日になりました。

また、全体を通して、関数型プログラミングのエッセンスをTypeScriptに導入する話もかなり多い印象でした。積読になっている関数型プログラミングの本を読まないと。。。!

TypeScriptは、これまでは業務で必要な範囲だけ調べるといったような付き合い方をしていたが、今回の様々なセッションを聞く中で、私の知らなかった機能や周辺ツールがたくさんあることを知り、日々の開発のためにも、キャッチアップを加速していこうと感じました!